ぬめりすぎたけ、雪嶺茸、きのこセット、産直きのこのことなら池末豊矯商店へ!!
IKESUE IKESUE TEL:0944-32-1001 FAX:0944-32-1008
IKESUE IKESUE URL:http://www.ikesue-kinoko.com
HOME 商品へのこだわり お客様の声 生産の流れ きのこレシピ きのこの豆知識 会社紹介
     
    生産の流れ
     

    きのこ栽培生産者の思いを込めて一工程一工程を丁寧に生産し、九州産直きのことして、皆様の食卓にお届けしております。ぜひ日々のお料理レシピにえのきなどのきのこ類を一品加えてみませんか。

    >>えのきなどきのこ料理レシピはこちら

    池末豊矯商店では、ご家族の健康の為に、安心・安全・丁寧にきのこを生産し、九州産直品として皆様のご家庭へとお届けいたします。こだわりの新鮮なきのこを、ぜひ一度ご賞味下さい。栽培はもちろん商品のパッケージに至るまでこだわっています。

    >>きのこ栽培&商品へのこだわりはこちら

    ここでは、池末豊矯商店がこだわっているきのこ栽培の生産から出荷までをご紹介いたします。


     
    工程A 詰め込み作業
     

    ミキサーの中に数種類の自然の材料を混ぜて、水分を65%に調整します。

    コーンコブ(きのこ栽培用培地材)・米ぬか類栄養体(3種類)、ビート(水分保水材 2種類)菌糸活性剤等を混合しきのこ栽培ビンに詰め込みます。

    野菜で言う土作りの段階です。きのこ栽培用の培地を作る作業です。

    詰め込み作業 詰め込み作業
     
    工程B 殺菌作業
     

    釜の中に混合培地が入ったビンを入れて温度を上げていきます。100℃~120℃まで上げ約5時間加熱します。

    えのきなど料理レシピにも紹介されているきのこですが、このきのこの菌は、カビなど他の雑菌等に非常に弱いためきのこ栽培用培地に潜んでいる雑菌をここで滅菌し、無菌状態にします。又、きのこ栽培用培地を炊くことにより、えのきなどきのこの菌床が伸長しやすいように調整します。

     
    殺菌作業

     
    工程C 放冷
     
    殺菌釜で滅菌されたビンは放冷室に入れ、ビン内のきのこ栽培培地温度が20℃まで下がるまで冷やします。大体1晩ぐらい空調機で冷やします。えのきなどきのこの菌は、熱にも弱いため、熱くなったビンは、菌糸伸長の最適温度まで冷やします。

     
    工程D 接種
     
    接種機において瓶にえのきなどきのこの菌を種付けします。
    ここで、はじめてこの種(菌糸)を打ち込みます。きのこの菌は繊細なためこの部屋は、常にクリーンな環境に保ってあります。
    接種 接種
     
    工程E 培養室
     
    この部屋は、きのこの菌糸を生長・熟成させる部屋です。大きな部屋を2つに分けて順番に入れていきます。この部屋は、えのきなどきのこ栽培にとって非常に重要な部分できのこ栽培の7割方はここで決まります。料理レシピに紹介されているえのきなどのきのこの菌は、雑菌・温度・湿度・換気等の環境の変化で芽が出ないといった状態になるため、微妙な調整が必要とされ一番気を使う段階です。初期培養では、菌を打ち込んで間もないため変化があまりありませんが、後期培養になると菌糸が順調に生長しビンが白くなっていきます。
     
    バイオ段階 期間 湿度 瓶内温度
    初期 10日間 80% 18℃
    後期 15日間 70% 20℃
     
    培養室 培養室
     
    工程F 菌かき作業
     
    培養が終わったら菌糸がビン全体に蔓延するのできのこの子実体を形成させるため接種した古い菌を掻きとります。古い菌が乗ったままではきのこの子実体の形成ができないので古い菌は取り除きます。中心が一番菌も水分も集中しているのできのこの子実体が発生できる環境が出来上がります。
    菌かき作業 菌かき作業
     
    工程G 栽培作業
     
    きのこ栽培作業にはいくつかの段階に分かれており、まず菌掻きが終了したら芽だし室に入れます。芽だし室は、えのきなどのきのこの芽を出すための部屋で14℃・95%の環境で9日間置きます。芽が出たら次はならし室に移動させます。ならし室は、芽をそろえる部屋でここで芽がビン口まで均等になるように生長させます。芽がビン口まで来ると次は抑制といってきのこをがっしりとした硬くて品質の良いものにするために低温(3~5℃)で徐々に伸ばしていきます。きのこ栽培をする際、えのき茸は低温性のきのこなので徐々に温度をさげて生長させていきます。最後にしっかりと抑制が効いて硬くなったえのきなどきのこをまっすぐに伸ばすために紙を巻いて生育室に移動させます。ここで約7日間で14~15cmまで生長させ収穫作業に移ります。
     
    作業工程 温度 湿度 日数
    芽だし 14℃ 95% 9日間
    ならし 10℃前後 80% 5日間
    抑制 3~5℃ 75% 7日間
    生育 3~5℃ 70% 7日間
     
    栽培作業 栽培作業
     
    工程H 収穫作業
     
    きのこ栽培方法により、すっかり生長したえのき茸は、適期収穫をします。収穫規格を設定し、傘の太さ、きのこの長さ、色合い等規格に合ったものを選別収穫します。収穫したえのきは、温度が上がらないように予冷庫に収納して包装作業をします。中心が一番菌も水分も集中しているのできのこの子実体が発生できる環境が出来上がります。
    収穫作業 収穫作業
     
    工程I 包装作業
     
    清潔な作業場で作業着を装着した作業員が各種量目に計量してえのきを包装機に流します。お客様のニーズと商品の多様化に対応することと異物混入対策、予冷管理の徹底を図っています。選別規格を設定し製品の統一、品質の統一をするため包装されたきのこ(えのき)は規格により再度選別した後、箱詰めし、九州の産直品えのきとして全国へ出荷されます。
    梱包作業 梱包作業
     
    工程J 出荷
     

    こだわりのきのこ栽培の行程で生長したえのき茸は、適期収穫をして包装した後、九州産直品として皆様の食卓へお届けします。生産者が思いを込めて作ったきのこは、こうやって長いきのこ栽培のサイクルを経て出荷されているのでした。

    きのこ栽培といっても、えのき茸などのきのこも人間と同じでいろいろな性格がありますし、思いを込めて作れば良いものができますが、反対に適当に作ればそれ相応の物しかできません。だからきのこ栽培は面白いのです。そんなきのこ栽培の九州の生産直売者の思いが詰まった「きのこ」を新鮮な状態で皆様のもとへお届けいたします。

    是非一度ご賞味いただければ幸いです。

     
    出荷

     
    ページトップヘ